--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2015.01.13(Tue):アイリス
続きです。


一緒にいったお友達ボーダー

8ヶ月のナッツ。




シープの素質があるって♪


アイリスみたいな攻撃は一切無くて、羊の周りをぐるぐると。

普段からタコの糸が切れたようにフィールドの周囲をくるくる走ってるナッツ。

声が届いてないかと思いきや、実はちゃんと言葉も理解して動いてるらしい。


伸びしろいっぱい♪


シープにも向いてると言われてました。

逆にルカちゃんはさくっと終了。シープは辞めた方がいいかも、と。


ペタちゃんは今までも何度かシープの練習をしていて、意欲満々。



サークルの狭いスペースから出て、羊をまとめる練習してました。



ペタのママ、風邪っぴきで途中から苦しくなって、切り上げちゃったけどね(笑)


ケイもやってみようかと思ったけど、雪もコーギーにとっては深く!?(笑)挑戦するなら春になってからやってみる?

コーギーでシープ体験した子はまだいないそうです。


お昼はファームで♪



美味しい手料理をご馳走になりました。


三和ファームはたくさんの生き物がいます。

こちらで飼育してるエミューの卵を見せてもらいました。



冬にしか卵を産まないってお話だったかな?

1個2000円で販売してくれるそうです。


食後にファームの周りを散策。





エミュー






この日はシューマッハ一家が遊びに来てました。

ケイパパはボーダーワラワラと戯れて・・・



ボーダー8匹と生活してるそうで、質問になんでも答えてくれるシュー家。


8匹いてもそれぞれが違う血統。

毛色、大きさ、得意な分野も違うみたい。


アイリス育てに苦労してるわけなのだけど、この性格は私が作り上げたものなの?

ケイという人も犬も好きでこちらの要求を一生懸命考えて動くコーギーを育てたのに、同じように育ててるはずのアイリスは感情の起伏も激しく、人以外に攻撃しかける。


なんでー?


過保護で甘いから!とは言われたことに凹んでる私を見かねたのか


血統にもよるよー。


って。

ボーダーコリーの繁殖のこと、気質の荒い血統やCL遺伝性の病気のこと、ペットショップやショータイプのボーダーコリー、ワーク系ボーダーコリーなど、たくさんの知識があるようで話してくれました。


その犬の性質は母犬から受け継ぐ割合が高い。


ボーダーコリーと共にスポーツしたり遊びたいなら、見た目ではなく血統で。ボーダーと暮らしたいだけだとしても、両親犬は見るべき。

小型犬と同じに考えては後々大変。そりゃそうだ。大きいから力も強い。


我が家は 『縁』  でアイリスを迎えたので血統で選んでません。

後悔もしてませんから。でも


普通に可愛がるだけではアイリスを闘犬にしてしまうだけ~(ーー;)


うちに会った方なら理解できると思います。

どんなに賢くてアジやディスクができたとしても、どんな理由があったとしても噛み付いたらダメだ。
そこを改善していくには、ひとりでは厳しい。

頼れる先生や友達、ボーダー仲間がいるから頑張っていけます。


アイリスの兄弟姉妹はどんな感じかな?

飼い主さんが凹んでなければよいけど・・・


こんな風に文章にしたらアイリスが悪い犬に思われそうだけど、家で生活するのはトイレも決まった場所でできるし家族も大好きで困らない。

都会の人も車も犬もあふれてる土地での生活は、アイリスにとって狭苦しいのかもしれないなぁ・・・


ぼやいて終わってしまって失礼・・・



Secret

TrackBackURL
→http://keiiris.blog.fc2.com/tb.php/58-9a01614c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。